安否確認で皆が安心出来る世界へ|一人一人がアース号の乗り組員

システム

連絡手段を一つでも多く

システム

災害などに巻き込まれた場合に必要な事は安否確認です。生きている事を伝える事がとても大切なのです。自分も、家族も、会社もアナタに関わりのある人を安心させるためにも大切な事です。

詳しくはこちら

会社メンバーの安否確認

Eメール

会社にとってメンバーの安否確認は大切なことです。会社の復興速度にも関わるので、全員が協力して安否確認を行える状況にした方が良いのです。日常的に使えるルーツも多いので、万が一に備えて準備しておきましょう。

詳しくはこちら

高齢化に適したサービス

万が一に備えて安否確認システムを導入しませんか?多彩な機能は全部役に立つようなものばかりですよ。

高齢者の安否確認システムについて

グラフ

これから高齢化や核家族化が進む中で、独居の方、老々世帯の方などがますます増えてきます。そのような状況の方は、安否確認システムの導入の検討を提案します。実際には、例えば、無線通信機を内蔵したポットなどがあります。そのポットを使用すると、その情報がインターネットを通じて、離れた息子家族や娘家族などの携帯電話やパソコンに繋がり、無事に過ごしていることが把握できる安否確認システムなどもあります。また、ポット以外の商品でガスの使用や、テレビで見守りをされる傾向もあります。金額としては、商品にもよりますが、低価格のものや、月額利用料のタイプなど様々なサービスがありますので、実際、使用される方の生活スタイルに合わせて、商品を選択することをお勧め致します。

さまざまな安否確認システムのサービスについて

高齢化が進む中で、医療保険だけでは抱えきれなく、介護保険が2000年に開始されてきた歴史があります。社会の生活スタイルも時代とともに変遷しています。24時間高齢者や、障害を抱えた方を自宅で見守ることは、いくら同居していても不可能でありますし、別居している方ではなおさらです。その際、安否確認システムの導入を必要です。介護保険上では、24時間定期巡回随時対応訪問介護看護というサービスがあり、緊急通報装置を設置し、ボタンを押すと24時間通話できたり、緊急訪問もしてくれます。保険外でも、同様に受けれるサービスもあります。また、安否確認システムではありませんが、地域の民生員に見回りをお願いしたりなど、地域の力を借りることも、状況により大切です。

自社で守るか他社に頼るか

パソコン

安否確認サービスは主に2つの種類があり、オンプレミス型かSaaS1型に分けられます。自社で解決出来るオンプレミスか、クラウドを活用した他社のサービスを利用するかどちらかが一般的です。

詳しくはこちら